本当にインプラントって必要なのか?

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプに分類することができます。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。そして、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われているのです。他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクはあります。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に関わる問題、患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)の体調、アレルギーなどが原因で、手術し立ところが腫れる、痛むという身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はともかく慎重に決めて下さい。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、何といっても費用の問題でしょう。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によって一概に費用を決められませんし、自由診療のため、歯科医院によって思いの外費用は違ってきます。

また、定期的なメンテナンスも必要点も知っておく必要があります。インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れになるでしょう。この点は、歯科医の技量や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れ立ところを冷やせば治ることもありますが、痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。インプラント治療を検討している方、大事なのはどんな歯科医にかかるかです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法なのは明らかで、歯科医選びに全力を尽くすことがインプラント治療の結果を左右するのです。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だと言うことです。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりあごの骨にインプラントを定着指せるので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントが定着しなければ再度、大がかりな手術を行って一旦削っ立ところをさらに深く掘ることになるのです。インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが多いです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことで早めの対応をしていきましょう。検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。
保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを創り、あごの骨に埋め込もうとすると保険適用が可能な他の治療方法よりも時間も手間もかかるからです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。もしこの治療が保険適用だったら、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。