インプラントのあまりの凄さに戸惑いを隠せない

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。よりメジャーである2ピースタイプは、そのコネクション部分の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスが必ず求められます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかも知れません。放置すると炎症が広がるので至急歯科医にかからなければなりません。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。保険が聞かない理由ははっきりしています。インプラントを創り、あごの骨に埋め込もうとすると保険適用が可能な他の治療方法よりも歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、トータルの治療費用は高額になってきます。
それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。
使用年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。
口内のセルフケアを怠れば、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、それだけインプラントの使用可能年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、おもったよりの費用を要することは確かです。保険適用の可能性もゼロではありませんが、普通のケースではまず適用されず検査など、治療の一部しか保険が聞かないのがどうしても高額になってしまう原因です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しい治療を受けるケースではその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。